【7月4日新刊】わたしからわらうよ【押切もえ初の児童書】

わたしからわらうよ書影_light
「みんなとちがう」なんて、思わなくていいんだ。

清々しい自然と人々とのふれあい。
少女の背中をそっと押した、ひと夏の物語。

押切もえ初の児童読み物は、少女のさわやかな成長物語。鳥取の豊かな自然と人々との交流のなかで、少女は自分自身と向き合っていきます。自ら表紙絵・挿絵も手がけた意欲作。

【あらすじ】
素直に気持ちを伝えられない小学校3年生の桜。友だちにも家族にも気を使ってばかり。そのうえ、自分に自信がもてません。
そんな桜にとって、今年の夏は一大事! 鳥取のおばあちゃんの家に、一人で行くことになったのです。
不安と戸惑いではじまった夏休み。でもそれは、桜を大きく変えてくれる冒険の旅でした。

■著者プロフィール
押切もえ(おしきり もえ)
1979年、千葉に生まれる。10代の頃より読者モデルとして活動をはじめ、日本を代表するトップ・モデルとなる。現在、モデル業をはじめテレビ、ラジオで活動をしながら、絵画、執筆活動など多方面で活躍している。主な著書に『モデル失格―幸せになるためのアティチュード』、『浅き夢見し』(ともに小学館)がある。また小説『永遠とは違う一日』(新潮社)では、山本周五郎賞にノミネートされ、高い評価を受けた。

【書籍情報】
●著: 押切もえ
●定価: 本体1400円+税
●ISBN:978-4-907542-47-4
●判型:四六変上製 180ページ
■刊行日: 2017年7月4日 ※地域により差が生じます